シマリスを飼わないススメ

〜 シマリスって飼っちゃいけないんです!? 〜

シマリスは飼っちゃいけません。おいおい!おもむろに何を言う!!って感じですが(笑)、シマリスは飼っちゃいけないんです。別に法律で禁止されているわけではありませんが、もしあなたがこれからシマリスを飼おうかどうか迷ってるのであれば、飼うのはやめてしまいましょう。それがシマリスのためでもあるし、あなたのためでもあります。

飼っている私がこんなことを言っても全然説得力ありませんが、元来、犬・ネコ以外の動物を飼うべきではないんです(汗)。犬・ネコ以外の動物を飼うなんて、エゴ以外の何ものでもない…。シマリスを飼っている人は悪人です。そう、私は悪人(笑)。もぅエゴの固まり…(苦笑)。

私がシマリスを飼いはじめたのはちょうど二十歳の時。何でそう思ったのかは全然検討も付きませんが、「シマリスと一緒に住みたい〜」って思ったのが始まりでした。どこで売ってるのやら…、とりあえずペットショップを渡り歩い渡り歩いたんだけどどこにもいない…。季節が春じゃなかったから、いなくて当然と言えば当然だったんですが…。同じショップに何度も足を運んでたら、なんと数日前にはいなかった大人のリスが2匹!!「大人だから慣れません」と店員さんに言われたんですが、迷わずお迎えしました。それが、当家の初代シマリス「かのこ」ちゃんでした。

それ以来、シマリスがいない生活はちょっと考えられなくなってしまいました。いなければいないで生活できるんでしょうけど…。ウ〜ン、今はやっぱり考えられないですね(苦笑)。だってシマリスと一緒にいたいんだもん。こういうのをエゴって言うんですけどね(汗)。

シマリスって人間に飼われないで生きることが前提になって出来てる動物です。どんなに正当化しようとしたって、これだけは本当。だから本当は飼っちゃいけない。でも、カワイイから飼っちゃうんですね〜。って、そう思う人がいっぱいいるから、シマリスはたくさん売られてるわけです。

たくさん売られるとどうなるか…。シマリスのことを知らない人がほとんどだから、ほとんどのシマリスはすぐに死んじゃう。死ぬまで飼えない人もいっぱい!シマリスのことをよく知らないものだから、手に負えなくなって捨てる人…(これは法律違反です!)。シマリスのことをよく知らないものだから、気づいたら外に逃げられちゃってる人…。ほとんどのシマリスは飼われて1年以内にこうなって、運が良くても2年以内、とっても運が良くて3年以内には飼い主の不手際が原因で運命の瞬間を迎えるわけです。

ちなみに、売られているシマリスは全部輸入物です。今は韓国はシマリスの輸出を禁止しているはずですから、主に中国からの輸入になるんじゃないでしょうか(未確認です)。シマリス属にシベリアシマリスっていう種があって、これを日本では「シマリス」って呼んでいます。輸入されているのはその中の一亜種であるチュウゴクシマリスもしくはチョウセンシマリスっていうやつになります。ところが、日本にいないはずの外国産のシベリアシマリスが日本中で出没!捨てたり逃げられたりしたシマリスが野生化するわするわ…。

野生化したシマリスは当然日本固有の生物を脅かします。脅威とまでは行かなくても、影響を与えてることは間違いなし。下手したら、貴重な日本固有の生物を絶滅させたりなんかして…。おまけに、北海道で野生化した外国産のシベリアシマリスは、在来のエゾシマリスと交雑、あるいはエゾシマリスを駆逐、なんて恐れもあったりとか…。絶対に最悪な方向に向かうとは言えないけど、最悪なシナリオが現実のものとなってしまっててからではもう手遅れ。外国産のシベリアシマリスは、日本の自然にとっては潜在的な脅威なわけでございます。

ねっ!シマリスを飼ってる人って悪人でしょ?人に飼われることを前提としていない生き物を飼っている上に、日本の自然まで破壊しちゃってる。もう大悪人(苦笑)。私もシマリスを卒業できる日が来たら、シマリスを飼うのはやめないとね。って、永遠に卒業できない可能性もすごくあるんですが…(汗)。

でももうしばらくはシマリスと生活をともにし続けることは確かだったりします(神様、許してね!)。だから、悪いことをしてるせめてもの償いに、少しでも多くの飼われてるシマリスくんが幸せになれるように、できる範囲で努力したいと思っています。

最後に…。日本では北海道にしか生息していないエゾシマリスは、現在は一切の捕獲が禁止されています。ついでにと言っては何ですが、シベリアシマリスの輸入もこの際一切禁止、さらにはブリーディングしたシベリアシマリスについても取引・販売は一切禁止とすべきだと思っています。シマリスなんてペットショップに並んでちゃいけないんです。目を閉じて広野を思い浮かべたらいつだって、ほっぺをいっぱいにふくらませた幸せそうなシマリスくんに逢えるんですもの。シマリスくん、幸せな気持ちをありがとう!!

今は亡き、かのこちゃんへ。
そして、すべてのシマリスくんたちへ。


【他のページへ】



Copyright © 1998 Hideko Kawakubo All rights reserved.

HOME
[HOME]