ジムカーナ練習会情報などなど Mikoto's Web

海外旅行記:2002/2/24〜28 in THAILAND

 

1日目

大学の卒業旅行として、4泊5日で微笑みの国 タイに行くことに

美琴と、A、T、Mの4人で。美琴以外海外初旅行

Aはガイドのソンさんに、後に「ランタム」というあだ名をつけられた。意味は「彼氏のいない寂しい人」(笑)

スーツケースの片側しか荷物がなくってスカスカ。バランス悪いし(笑)ボストンバックで充分だったかも

電車で成田空港まで行くの、やっぱ遠かった〜

浅間台には車で行くものねえ

 

免税店で叶姉妹に遭遇!

恭子さんと写真撮ってもらって握手してもらった。派手だけどいい人だった。綺麗だし

 

成田の荷物検査でランタムが便利ナイフを所持し、没収

危うく危険人物扱いだったよ・・・

航空機内で「A.I」と「Evolution」観た。つまんなかった(爆)

 

そしてバンコク到着

     ・・・あ゛〜〜〜〜〜つ゛〜〜〜〜〜〜〜い゛〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

蒸し蒸しした暑さ

夜の23時過ぎだというのに気温は30℃

HISマークのハイエースでホテルに着き、近くのファミリーマートへ(笑)

タイにはファミマとセブンイレブンがあった

2日目

 朝5時起き

バンコクから車で1時間半のダムノン サドゥアック水上マーケット

途中、反対車線はバンコク名物 大渋滞(笑)

8車線位はある広い道なのにほんと、激混み

電車の路線がちょっとしかないからかねえ・・・。作ればいいのに(笑)

 そして、走ってるのは日本車ばっか

タクシーもTOYOTA車だし、カローラとかそこらへん。しかも新しい

乗用車は日本車とベンツ、BMWで99%が占められてた

セダンのリアガラスとトランク取っ払ってカポっとフタ被せたみたいにワゴンにしてた頭でっかち改造車が多かった

左車線だし、気分は日本とほぼ同じ

  

水上マーケットまでは、ロング・テイル・ボートという轟音と水飛沫をあげて走る小型船に乗って、ディズニーランドのジャングルクルーズの様に道なりに観光

飽きてきた頃にやっとトム・ケン・マーケットに到着

お土産屋さんが連なり、水上の小船ではマンゴスチンやドリアンなどを売っていた

日本語が通じる(笑) ってゆーか、日本語で話し掛けてくるし

ガイドのソンさん(29才)が、値切りな〜というので、皆値切る値切る(笑)

日本人にはふっかけてくるから、最初600バーツとか言ってたのをランタムは250バーツとかまで値切ってた(笑)

タイ人もびっくり〜(笑)

  

 次にローズガーデン

園内は花が沢山咲いていて綺麗。残念ながら薔薇は咲いてなかったけど・・・

タイ・ビレッジ・カルチャーショーを鑑賞

タイ舞踊、ムエタイ、結婚式などタイの文化、風俗をショー形式で観れた

象のショーもあった

  

 バンコク市内に戻って、タイ古式マッサージ

2時間かけて足の先からつむじまで優しく揉み解してくれた

まあ、エビ反りとかもされたけど(笑) そのときは思わず苦痛の叫びをあげてしまった(笑)

オイルを塗るとかそういうのはないんだけど、ツボを押すから、痛気持ち良い〜

美琴も2回ほど寝てしまった

一人の子が隣でぐーぐーイビキかいて寝てたのにはタイ人、日本人全員で笑ったよ(笑)

  

 レストラン「サワディー」でタイ古典舞踊ディナーショー鑑賞

タイの踊りって、優雅というか手の動きがメインで、ある意味一種のパラパラみたいだね(笑)

夜、ホテルの近くにあるジャスコへ(笑)タイまで来てわざわざ日本にもある所に行ってるし(笑)

夜の23時まで開いてるのよ

その隣のカルフールという地元の人が行くショッピングセンターは0時まで開いてた

しかもすっごい安い

水上マーケットよりも全然安い

まあ、観光客向けじゃないからね

3日目

 昨日フロントに頼んだのに朝モーニングコールがなかった(怒)

5時に起きて朝ご飯食べて行く予定だったのに・・・

起きたら出発時間!寝坊しちまった!

も〜〜〜〜〜〜〜〜〜タイってば・・・

 

腹すかしながら豪華クルーズ船でアユタヤーへ。バンコクよりも暑い・・・。ってか、クソ暑い

 まずはバン・パイン宮殿プラ・ティナン・ウェハート・チャムルーンは中国から王様の誕生日プレゼントにもらったんだって

豪華絢爛だったプラ・ティナン・アイサワン・ティッパイートは水の上にあって優雅。でもほんとに涼めるのかなあ

タイの王族は圧倒的な権力と財力を持っているのだなと実感

庶民とはかけはなれた夢の世界にやって来たような気がした

  

 日本人町跡でお買い物。ずいぶん昔に日本人がいたなんて、凄いなあ・・・

だって飛行機でも時間かかるのに船で命がけで行った訳でしょう

  

 アユタヤー遺跡へ

ワット・プラ・スィー・サンペット ワット・プラ・マハタート ワット・ヤイ・チャイ・モンコン ワット・ロカヤ・スタ ワット・プラ・モンコン・ボピットはさすが世界遺産。400年

崩れ落ちたレンガの荒廃さもビルマとの激しい戦いを感じさせ、何か荘厳な空気を漂わせていた

装飾品などの貴金属略奪の為に首や腕を切断された仏像群が、昔も今も同じ場所から時代の変わっていく様を眺めてきた事は、戦争の哀しさと、アユタヤ王朝の歴史を深く感じさせ、何か胸の中からこみ上げてくるものがあった

  

 そして、待ちに待った象さんに乗ってトレッキング

象の名前はチョンコー50才、象使いはレイさん22才だった(・ω・)

レイさんはアイーンとか、北酒場とか知っててた。じゃんけんも知ってからあっちむいてほい教えてあげた(笑)

最後は「バイバイキーン」で手振ってるし

暑さと歩き疲れでも〜くたくた

 日本料理屋「山田」で何故かタイスキ食べてライトアップアユタヤー遺跡を見た

この中の仏塔に宝がまだ入っているとのことなので、中には入れず外側からだったけど

息をするのをためらうほどに綺麗

残念ながら写真には上手に写すことは出来なかったけど、記憶の中にはしっかり閉まってきた

  

 ホテルに帰ってきて、またカルフールへ

一人旅で来ていた同じホテルのMiwaと美琴とランタムとTの4人でお買い物に行った

閉店まで粘って、めいいっぱいお買い物してホテルへ

4人とも袋二つかかえてちんたら歩いてた

ほんの10〜20bだけ道に工事用の壁が沿ってて薄暗くて、そこにタクシーが1台停まってるなあと思ってたら、人が降りてきた

「Wait Wait!」

って男に言われたけど、客引きなら嫌だから美琴とTは無視して先に歩いていった

後ろを歩いていた2人が遅いなと思って降りかえると、何やら男と喋ってる

引き返してみると、1人ではなく3人いた

インド人っぽい太ったガタイのいい女と、背の高いイラン人の男2人

しかもランタムがバック開けられて、中身出されてる

どうしたの?と美琴が言うと

ポリスだって。ヘロイン持ってるんじゃないかって、フィリピン人ならいいけど日本人は調べるとかいってバック勝手に開けて、パスポート出せって言われた。パスポートのコピーしかないから、なんでだ!って言ってる」

そこでぴんときた。偽警察が観光客からパスポートを奪うとガイドブックに書いてあったのを思い出した

「こいつら偽者だよ!何やってんの!逃げよう!」

奴らに向かって「ノーセンキュー」と美琴が叫んで歩き去った

そしたら奴ら追いかけてこなかった

奴らは現金より日本のパスポートが欲しかったらしい。まあ現金もたいした額持ってなかったんだけど

怖くて、ホテルに戻ってからポケットやビニール袋などを何度もチェックした

麻薬がこっそり入れられてることもあるから

 

よく考えると、タイの警官は茶色の制服を着ているし、タイ語しか喋れない

なのに奴らは英語を喋って私服だったし、ペナペナなIDカードには写真も貼ってなかった

 美琴が宿泊していたサイアム・ビバリーホテルのあるラテャダピセーク通りは、中心部から遠く離れている

しかし、バーやディスコなど、繁華街が軒並みになっていて、後から聞いた話によると、インド人イラン人マフィアの溜まり場だという

早く言ってくれよ〜〜〜〜〜〜(≧_≦)とソンさんを横目で見つつ、大事にならなくて良かった〜と胸をなでおろした

だって、ランタムはコピー持ってたけど、美琴は本物のパスポート持ち歩いてたから

美琴自身が皆にパスポートのコピーしろって言ったくせに自分はコピー持っていかなかった(笑)

海外は危険だ〜と思った(危機管理が出来てないというだけかもしれないが・・・)

4日目

 また朝モーニングコールなかった

も〜いいや〜って感じ(怒)

バンコク市内観光

 チャオプラヤー川をクロスリバーフェリーで渡り、ワット・アルン(暁の寺)へ

三島由紀夫の「暁の寺」で有名ですね。大仏塔が凄く綺麗。陶器の破片がびっしり埋め込まれ、かわいい

 王宮 ワット・プラ・ケオ(エメラルド寺院)はもう言葉になりません。豪華過ぎて

あと、観光客だらけで人だらけ

ちょうど美琴達が訪れた日は、エメラルド寺院の本尊のエメラルド仏の年に3回だけある衣変えの日

衣変えは王様が執り行う仕事で、エメラルド仏は何も着ていなかった。運がいい〜〜♪

  

ワールド・トレード・センター 伊勢丹でショッピング(笑)

だって日系の企業が多いんだもん

写真スタジオでタイの民族衣装を着て撮影した

いろんなポーズをさせてもらえて、結構綺麗に撮れてた(笑)

ワールド・トレード・センターの道挟んで前のナラヤナ・パン・パヴィリオンが安いって聞いたが、時間がなくて行けなかった(T◇T゚)

シーロム・ヴィレッジ・トレード・センターで夕飯

しかし、1Fは屋台風でにぎわっててお洒落だったのに2Fのレストランだった

しかもタイに来て初めて料理がまずかった(笑)

だって、酢豚(酢の味はしなかったが)ぽいのとか炒め物だけなんだもの。すっぱいスープは飲めたものじゃなかったし

ホテルに帰ってきて、懲りずにまたカルフールへ

もしマフィア達がいたら、リベンジだ〜〜〜!!とか言ってたけど(笑)

露天ショップでピアス買って、バーツ使い果たし今日は早めにホテルに帰った

でも、ダッシュしたけどね(笑)

お金を使い果たし残りが4バーツな為、ホテルのベットメーキング代20バーツも払えなかった(笑)ごめんなさいっ

日本人にはチップの習慣はないから、つい忘れてしまうのよね

タイではチップを渡すのは、かっこいい人の証拠なんですって〜

  

5日目

 またモーニングコールなかった

頑張って2時に起きて3時出発、ドン・ムアン空港へ

手荷物検査で、美琴、スーツケース開けられて、一つ一つポーチの中やらポケットの中やらビニール袋の中まで全部調べられた

他の子達はリュックとかだったから開けられることもなく、スルーだったのに・・・・・

そんな所まで見る必要ないじゃんかっ!(怒)かなりプライバシーの侵害だよ

他の人の荷物、中開けもしない方が危険じゃないの?ってかんじ(怒)。絶対人で選んでるよ・・・( ̄^ ̄メ)

そんなこんなで、T、成田では見つからなかった、カッター所持でX線引っかかり没収

も〜、日本帰れなくなったらどうするのさ〜っておろおろ

 しかも、「この飛行機満席なので、香港に経由して帰る便に変えませんか。これならビジネスクラスです。香港でも遊べます」

と言われた。ビジネス乗りたいけど、帰り遅くなるし・・・。何よりお金がない(笑)使い果たしてるから(*^.^*)

というわけでエコノミーで帰る事に

 しかし、飛行機、出発時間になっても飛ばない・・・

滑走路に向かってたのに「急病人が出たから、戻ります」

そしたら「飛行機が故障しました。点検します」

なんですと〜〜〜??

超不安(@_@;)

結局「原因がわかりません。部品を新品に変えました」

で、2時間後に出発

まあ、無事日本に帰って来れたから良かったけど

 

日本は寒い(笑)

  

 今回の旅は危険な目にも合ったし、いろんなことがあった

でも、タイは楽しかった

ホテルの場所とか選べばもっと安全だったと思うし

毎日強行ツアーで予定いっぱいいっぱいだったから、次はフリーで行きたいなと思った

 海外旅行はやっぱいいもんだねえ〜〜〜

また行きたいよ

なかなか一人で行く勇気はないから、誰か暇な人がいたら募集します(笑)

次はバリに行きたいなあ〜♪