ジムカーナ練習会情報などなど Mikoto's Web

 ジムカーナとは?

 ジムカーナ(Gymkhana)といっても知ってる人はもうご承知かと思います

でも、知らない人が殆どでしょうね

 モータースポーツというと「F1」や「ル・マン」などテレビで放送されるレースを思いうかべる方が多いと思いますが、定められたコースを1台ずつ順番に走ってタイムトライアルを行い、最短時間で走破し、その結果で順位を決める競技もあります

ジムカーナ、ダートトライアル、ラリークロスなどがこれにあたります

 ジムカーナは自動車競技の一つで、アスファルト舗装されたコース(広いスペースにパイロンを立てて設定されたコースや、ジムカーナ場などの決められたコース、またはサーキット)を一台ずつで走行し、そのタイムの早い順で順位が決められます

コースには100kmオーバーからの180°ターン、360°ターン(サイドターンをします)やスラロームありのムズカしい自動車競技です

上達していけば、サイドブレーキターン、ドリフト走行なども自然に出来るようになりますし、ドライビングテクニックを上達させる為には、有効な競技です

 

 基本的に日本が発祥です。アメリカではAutocrossなどと呼ばれています

競技人口は・・・どれくらいなんだろ?一番身近なモータースポーツです

見た目一見地味そうに見えるかもしれないけど、乗れば分かります

横G好きにはたまりません(笑)

 

 サーキットレース等とは違いライン、シフトタイミングなど個々でいろんな攻め方ができるのもジムカーナの魅力です

クルマのセッティング・自分のドライビングスタイルによって走り方がいろいろできます

ジムカーナという競技ではドライバー本人の精神力が占める割合が多くクルマだけ良くても勝てません

逆を言うと多少遅いクルマでも腕さえあれば勝つことができます

 コースは競技当日朝に発表されるため、レースのように同じコースを練習することができません

競技ではコースを2回タイムアタックして、速い方のタイムで結果を競います

 

 ジムカーナに必要なもの

    +++マストアイテム+++

普段お買い物に使ってるマイカーフルフェイスもしくはジェットヘルメット(半帽はNG)、グローブ(軍手はNG)、(スニーカーでOK)、長袖・長ズボン(スカートはNG)、ビニールテープ、お弁当

  

    +++更にマニアックになってくると必要なもの+++

工具、テント、イス、机、ラップ、やすり、タイヤカバー、レーシングスーツ、レーシングシューズなどなど

こうなってくると非常に荷物が多くなります!!なんとか載せようと頑張るので収納上手になりますよん♪

 競技に使用される車両は、改造の範囲と排気量、駆動方式などによって、いくつかのクラスに分けられます

が、ジムカーナの車両規定がレースと大きく違っているのは、「ナンバー付きの車両」で参戦できることでしょう

ちなみに練習会はライセンスなくても全然出れますからね!

公式戦に出るのはJAF国内B級ライセンス(数時間の座学を受けるだけ)さえあれば、普段乗りの車で参戦できます。ライセンス不要の競技会も沢山ありますのでご安心ください

  

 ジムカーナをやってみようかなと思ったら

 まずは、上記の「ジムカーナに必要なもの」の上段に書いてあるものを揃えて、練習会に参加しましょう

練習会とは、誰かしらが主催しているもので、これに参加したほうが手っ取り早いですね

このサイトの中の『ジムカーナ練習会情報』のページをご覧になり、その中からお好きなジムカーナ場・サーキット(家から近い場所など)を

ジムカーナ場ガイド』を参考に選びましょう。

HPなどにより締め切り等をよく確認し、主催者(オフィシャル)に連絡して申し込みをします。

そして練習会当日はいつもよりうんと早起きをして、迷子にならないように会場に来ましょう。初めての方は、友人等と一緒だと寂しくないです

練習会当日の流れ(主なパターン)

主催者(オフィシャルといいます)の言うことは聞きましょう

1. 朝会場に到着したら、車に乗っている荷物を全部下ろしましょう

2. 受付をして、コース図ゼッケンをもらい、ビニールテープでゼッケンを車に貼ります

3. 大体走行前にドライバーズミーティグ(ブリーフィングともいいます)があるので、話を聞きます

4. 慣熟歩行。コースを歩いて覚えます。

5. 午前の走行。練習会では、ばんばん上手い人の助手席に乗せてもらいましょう。そして、同じ車や駆動系の上手い人に自分の車にも乗ってもらったりしてアドバイスをもらいましょう。ジムカーナ屋さんで断る人はほぼいないので、とにかく声をかけましょう(ラスト走行あたりだと、タイムを出しに行っている場合は断られることがありますので邪魔しないように)

6. お昼休みは、持参した弁当を食べましょう。ほとんどのジムカーナ場では、ゴミの持ち帰りが常識です

7. 午後の走行が始まったら、アグレッシブに走りましょう(やり過ぎは厳禁ですが)

8. 掲示されているタイムを見て、自分の位置を知りましょう。練習会が終わったら、荷物を積み、ゴミは持ち帰りましょう。

興奮冷め切らず、一般道でスピードを出して帰るのはやめましょう。非常に危険です

   
本格的にやるなら

本格的にジムカーナをするならモータースポーツライセンスを取得しましょう

JAF国内B級ライセンスの所持により、各競技会に参加できます。なお、クローズドクラスは、ライセンスは必要ありません

 B級ライセンスの取得方法ですが、まずJAFへ入会していることが必須条件です

次に、B級ライセンス講習会、もしくは競技会のクローズドクラスを完走するとハンコがもらえるので、必要事項を書いて申し込めばそれでOKです

こんなライセンスがもらえます

詳しくは、JAFのモータースポーツライセンスのページを参照ください

だいぶ走れるようになったら競技会に出てみましょう

練習会で腕を磨いてヤバイ!自分だいぶ上手くなってきたんじゃん?と思ったら、ちゃんとした試合に出てみてはいかがでしょうか

競技会とは、JAFのB級ライセンスを持っていないと出れないクラスと、持っていなくても出れるクローズドクラスがあり、

例えば、関東地区では、東京・神奈川・埼玉群馬・千葉・栃木・茨城・長野・山梨・新潟各県戦があり、

その上に関東ミドル戦、関東地区戦、更に一番上には全日本戦があります。

イベント本番では2本しか走れないので、プレッシャーに打ち勝ち最速タイムを目指しましょう。

上には上がいることを痛いほど実感するはずです(笑)

 

 

以上、楽しいジムカーナライフを満喫ください