Supports Your Dreams - TCNWEB

メニュー

サービス

現在の場所:トップ > サービス一覧 > VPSサービス > 制限事項

VPSサービス 制限事項

VPSサービスをIPv4環境でご利用頂く場合、本ページに掲載する制限事項がございます。
IPv6環境の場合、制限事項はございません。

HTTPにおける制限事項

IPv4環境からのアクセスは全て内部リバースプロキシサーバ経由となり、VPS上のウェブアクセスログに記録されるアクセス元IPアドレスは全て内部リバースプロキシサーバのIPアドレスとなります。
その為、アクセス解析を行う場合は、JavaScript等のクライアント上でIPアドレスを取得するスクリプトをご利用下さい。
CGIスクリプトの環境変数で取得出来るアクセス元IPアドレスも同様に内部リバースプロキシサーバのIPアドレスとなりますので、環境変数名の変更が必要となります。

HTTPSにおける制限事項

IPv4環境からのアクセスは独自ドメイン名の前にTCNWEBのSSLゲートウェイURL(https://sslgw.tcnweb.ne.jp/)を付加し、共用SSL証明書による接続となります。
例:ドメイン名が「example.com」の場合、「https://sslgw.tcnweb.ne.jp/example.com/」としてアクセスします。

FTPにおける制限事項

IPv4環境からのFTPクライアントソフトを用いた接続は出来ません。
その為、全てウェブ上でファイルのアップロード・ダウンロードが行えるファイルマネージャ経由となります。

SMTP/POP3/IMAP(クライアント側)における制限事項

IPv4環境から通常のポート(SMTP:25/tcp POP3:110/tcp IMAP:143/tcp)に接続する事は出来ません。
その為、メールソフトの設定で、専用のポート番号に変更する必要がございます。

SMTP(メールリレー)における制限事項

IPv4環境からのメールリレーは、一旦TCNWEBのメールゲートウェイサーバで受けて、配下のVPSへリレー致します。
その為、ドメインのMXレコードにはTCNWEBのメールゲートウェイサーバを指定する必要がございます。

DNSにおける制限事項

IPv4環境からのDNSクエリには、TCNWEBのセカンダリDNSサーバが応答致します。
その為、TCNWEBのセカンダリDNSサーバに対してゾーン転送を許可する様、VPS側で設定する必要がございます。

SSHにおける制限事項

IPv4環境から通常のポート(SSH:22/tcp)に接続する事は出来ません。
ターミナルソフトウェアの設定で、専用のポート番号に変更する必要がございます。


▲ページのトップに戻る


サイト内検索


 
検索方法の説明を見る

サービス提供状況


障害/メンテナンス情報はTCNWEB障害サポート

会員登録受付状況

紹介制による会員登録を実施中です。

お問い合わせ

サービスに関するご相談等、お気軽にご連絡下さい。
お問い合わせフォーム
または info@tcnweb.ne.jp

私たちの取り組み

私たちはエコスト活動等を通じて、地球環境やセキュリティに配慮したサービスを提供しています。
チーム・マイナス6%のページへ

広告配信

TCNWEBは広告収入で運用されています。




お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表記 | 著作権・商標
電気通信事業者(旧一般第二種電気通信事業者) 届出番号 A-20-9923
Copyright © 1998-2009 Tamashima Computer Network. All rights reserved.